×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マンションって税務的にどうなの?

税金対策、なかなか難しいですよね。株、不動産、アルバイト、はたまた流行のFXまで、税金のことを考えない業種はありませんよね。勘違いしてしまって無茶すると脱税になってしまいますからね。とくに不動産関連なんかはそもそもの金額が大きいために例え数パーセントの節税でもなかなか効果は大きいものです。近年話題になっている税金対策土地活用マンションも賛否両論が激しく、結局部屋が埋まらなければ意味がないのでやめたほうがいいという否定論と金利の低下やマンショ建設の料金低下によって今がチャンスであるといった肯定論が争いを見せています。もちろんメリットだらけ、デメリットだらけの話なんてなかなか存在しません。ただ、マンションを建てるということは、それ一発で終わる税金対策ではないということは間違いありません。言うなれば経営者になるのです。そこのところを踏まえて以下のメリットデメリットをお読みください

メリット

まずなんと言っても最大のメリットは税金対策になるということです。たとえばマンションを新築で建設したとなると、当然お金がかかりますよね。コレが負債を持つということになるのでその分税金がかかりません。また土地の状態として最も評価が高い状態は更地のままの状態ですので、その上に建物が建ち、人が住んでいるという話になれば土地の評価額が下がります。当然かかる税金も安くなるというお話です。また家賃収入が発生しますので、月々まとまった額の現金が入ってくるということになります。コレはなかなか大きいメリットですね。またマンション経営ということになるとその土地が事業用地ということになりますので、固定資産税を経費として計上することができるようになります。ただ遊ばせておくぐらいならマンションでも(もちろんアパートでもいっしょです)建てるか・・・という方が増えてもおかしくないメリットですよね。

デメリット

では次にデメリットの話です。様々なデメリットが考えられるのですが、ここは僕が特に厳選したデメリットをお書きします。まず最大のデメリットとして、建設にかかる費用が半端じゃないということですね。人間が何人も暮らせる施設なのですから当然といえば当然ですが、数千万単位でのお金がかかります。もし借りたりしたら、純然たる借金ですからね。これが節税に対応するリスクです。次の問題として維持費の問題ですね。マンションでは一般的に10年で修繕が必要といわれていますが、初期設備の3分の1ぐらいの金額がかかるという話もあります。結局のところ、建築した瞬間から経営者になると思ってください。うまくいけば節税どころではない利益も手にすることができるでしょう。ただ、失敗したときのリスクは会社一つ倒産させたときと同じと思っていいと思います。以上のメリット、デメリットが皆さんの参考のお助けになれば幸いです。

Copyright © 2007 税金対策としての土地活用マンションの是非